職人タイプでも出世欲あり? 鈴木おさむがテレビ局の人事異動を解説! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

職人タイプでも出世欲あり? 鈴木おさむがテレビ局の人事異動を解説!

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

鈴木おさむ/放送作家。1972年生まれ。高校時代に放送作家を志し、19歳で放送作家デビュー。多数の人気バラエティーの構成を手掛けるほか、映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』新連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「人事異動」をテーマに送る。

*  *  *
 テレビ局はこの時期になると人事異動でざわざわし始める。僕ら1970年代生まれ、40代前半~中盤の団ジュニ世代にとっては、人事異動が一番ピリつくかもしれない。というのも、団ジュニ世代にとっては大きな役職につく人が出始めるからだ。

 僕は放送作家というフリーの仕事をしながら、テレビ局の人間とお付き合いすることが多いので、人間関係が客観的に見えたりする。僕と同世代の人たちが入社した時から、この年になるまでずっと見れたりするからおもしろい。入社当初はテレビ作りにメラメラと闘志を燃やす。テレビの制作だとまずはAD業務。とてつもなくハードな仕事を経験していく。この数年でADとしてメキメキと頭角を現していく同世代もいれば、ADとして仕事ができず怒られバカにされて、入社したころのやる気が削がれていく同世代もいる。そしてディレクターになれたと思ったらもう30歳近く。優秀なADとしてディレクターになり上司から期待される者。ダメADからディレクターになり、バカにされる者。でもここからがおもしろいところで、優秀だったADほどディレクターになって伸びなかったりする。

 そしてダメなADがディレクターになって急に成長する場合も多い。会社で期待されてた奴と期待されてなかった奴が逆転現象を起こすのだ。会社に期待されるってすごい力で、どんなにダメだった奴でも一度「期待されること」を覚えると急に覚醒したりする。

 それぞれがディレクターになり番組作りをしていく。最初は下っ端のディレクターとして番組制作に加わり、そのうち、チーフディレクターとして自分がトップとして番組を作っていく。こうなると、尺度が会社から世間になる。どういうことか? 視聴率が全てになるからだ。作った番組が視聴率を取った、取らないで、その結果を受けて会社の期待度も変わる。ここでまた逆転現象が出たりする。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい