6割は手術ができない“肺がん” 副作用少ない新薬で新たな光

がん

2017/05/30 07:00

 抗がん剤、分子標的薬で、さまざまな薬が開発され、治療の選択肢が増えてきた進行肺がんだが、さらに、延命や根治できる割合の高い免疫療法薬(免疫チェックポイント阻害薬)が登場した。肺がん薬物治療に新たな光が見えた。

あわせて読みたい

  • 本庶佑教授ノーベル医学生理学賞受賞 がん治療薬「オプジーボ」の奇跡とは?

    本庶佑教授ノーベル医学生理学賞受賞 がん治療薬「オプジーボ」の奇跡とは?

    週刊朝日

    10/2

    がん治療“第4の柱”と期待される「免疫療法」 米で新たな治療法も

    がん治療“第4の柱”と期待される「免疫療法」 米で新たな治療法も

    AERA

    2/10

  • 「今年こそノーベル賞」と医師が予想 がん治療に革命をもたらした日本人の研究とは?
    筆者の顔写真

    大塚篤司

    「今年こそノーベル賞」と医師が予想 がん治療に革命をもたらした日本人の研究とは?

    週刊朝日

    9/25

    中村獅童が公表した肺腺がん 新薬オプジーボで劇的効果も

    中村獅童が公表した肺腺がん 新薬オプジーボで劇的効果も

    dot.

    5/18

  • がん薬物療法「いい病院」の指標は? 医師が教える“確認すべきこと”

    がん薬物療法「いい病院」の指標は? 医師が教える“確認すべきこと”

    週刊朝日

    3/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す