AERA dot.

「毒」が消える? 貝原益軒が推奨した“豆腐レシピ”とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

あたたかい湯豆腐を大根おろしで食べれば健康に!? (※写真はイメージ)

あたたかい湯豆腐を大根おろしで食べれば健康に!? (※写真はイメージ)

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。

*  *  *
【貝原益軒 養生訓】
豆腐には毒あり。気をふさぐ。
されども新しきを煮てにえばな(※)を失はざる時、
早く取あげ、 生(なま)だいこん(※)のおろしたるを加へ食すれば害なし。(巻第四の17)

 養生訓は益軒が生き方や死生観を説いている部分もありますが、項目によっては、とても具体的で実用的な内容になっています。そこが、江戸時代の庶民に受け入れられ、ロングセラーとなった理由かもしれません。特に「飲食」の項目では、何が体にいいか事細かに書いています。例えば、こんな具合です。

「脾胃(消化器系)の好む物は何ぞや。あたたかなる物、やはらかなる物、よく熟したる物、ねばりなき物、味淡くかろき物、にえばなの新に熟したる物、きよき物、新しき物、香りよき物、性平和なる物、五味の偏ならざる物、是皆、脾胃の好む物なり。是、脾胃の養となる。くらふべし」(巻第三の46)

 さらに「脾胃がきらふ物」として生ものや冷たいもの、煮えていないもの、煮過ぎたもの、あぶらが多くて味が重いものなどをあげています。魚や野菜の調理法についての具体的な指示もあります。「大きな鯉や鮒は大きな切り身や丸煮にはしないで薄く切る。大根、人参、南瓜、白菜も薄く切って煮たほうがいい」「新鮮な生魚に塩を振って、一両日、天日干しにした後、あぶって酒をつけて食べるといい」といった内容です。

 益軒が「飲食」の項目で語っているなかには、現代の食の常識からすると、首を傾げたくなるものがないわけではありません。例えば「同食(くいあわせ)の禁忌(きんき)多し」といって、一緒に食べてはいけないものを三十数種類にわたってあげていますが、豚肉に生姜がダメだったり、根拠の不明なものがかなりあります。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   レシピ をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加