蓮舫氏はもはや“死に体”…都議選で民進党は「壊滅危機」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

蓮舫氏はもはや“死に体”…都議選で民進党は「壊滅危機」

このエントリーをはてなブックマークに追加
絶対絶命の蓮舫氏に打開策はあるか (c)朝日新聞社

絶対絶命の蓮舫氏に打開策はあるか (c)朝日新聞社

「昨年の代表選で、細野は幹事長狙いで真っ先に蓮舫支持を表明した。最後まで支えるべきなのに、辞任は後足で砂をかける行為で、細野グループからも批判されている。次の代表は無理」(前出の民進党幹部)
 そこで有力視されているのが、前原誠司元民主党代表の再登板だ。前原氏はアベノミクスに対抗する経済政策の勉強会を開き、党内基盤を固めつつある。

 党内非主流派の中堅議員は言う。

「都議選後に蓮舫降ろしはやらない。みっともなくて、国民から見放されるだけ」

 かといって蓮舫体制に協力するつもりはないという。真意はどこにあるのか。

「選挙後も黙っていればいい。代表交代の時は来る。もう、側近以外で蓮舫を支えようと思っている人はいないから」(前出の中堅議員)

週刊朝日  2017年5月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい