AERA dot.

アニメ「けものフレンズ」の仕掛け人が語る大ヒットの秘訣

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日

多くの「アニマルガール」が登場するけものフレンズ (c)けものフレンズプロジェクトA

多くの「アニマルガール」が登場するけものフレンズ (c)けものフレンズプロジェクトA

けものフレンズの魅力を語るプロデューサーの福原慶匡さん。アニメ制作会社ヤオヨロズの取締役でレコード会社つばさプラスの代表取締役なども務める(撮影・多田敏男)

けものフレンズの魅力を語るプロデューサーの福原慶匡さん。アニメ制作会社ヤオヨロズの取締役でレコード会社つばさプラスの代表取締役なども務める(撮影・多田敏男)

 アニメも同じで、スマホやパソコンなど視聴環境は変わってきています。そういう変化も踏まえて逆算し、つくっています。

――作品では「トキ」など絶滅危惧種の目に輝き(ハイライト)を入れず差別化するなど、細部までこだわりが感じられます。

 ぱっと見てもわからないでしょうが、キャラクターをまねて描こうとしたファンが気づいたのではないでしょうか。この子だけ目にハイライトがないと。これはたつき監督が言っていることですが、「100人に1人」ぐらいに気づかれるコントロールがちょうどいい。100人に1人が気づいてくれれば、ネットで残りの99人に知らせてくれるんです。「1000人に1人」だと最後まで気づかれないかもしれません。「2人に1人」だと自慢にならないでしょう。「100人に1人」を実現しているたつき監督の手法は、横から見ていて、今までの経験が物を言っていると思います。

――けもフレ構文もはやっています。

「すごーい」などのフレーズは造語として面白いわけではなく、サーバルちゃんが独特の言い方でしゃべるところに魅力があります。たつき監督が音響監督らと苦心して、声優の尾崎由香さんに演出したたまものだと思います。

 芝居の振れ幅の中で、アドリブを取り入れることもあります。アルパカ・スリがなまるのは、声優の藤井ゆきよさんアドリブでした。ライブ感を生かしたセリフが取れたら、絵の方を合わせていきます。

――原作はないのでしょうか。「サンドスター」や「セルリアン」といった謎の存在が気になります。

 お話としての原作はなくて、コンセプトデザインは「ケロロ軍曹」で有名な漫画家の吉崎観音さんです。背骨になるシリーズ構成は吉崎さんとたつき監督が話し合って、決めていきました。シナリオや演出などはたつき監督が担当しています。

 登場する動物は、みんなの知識の壁を壊すことも狙って選んでいます。主人公はライオンやウサギというメジャーな設定もいいですが、サーバルが主人公だと「そんな動物もいるんだ」と視野が広がる。アルパカもアルパカ・スリと種類をあえて特定することで関心を持ってもらえる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加