健康は「歩き方」次第!? 「速歩」が示したエビデンスとは?

健康

2017/04/02 07:00

 年を重ねるごとに不安が募る認知症や生活習慣病。ゆっくり歩きと大股での速歩を繰り返す“インターバル速歩”は、認知症リスクを減らすだけでなく、うつや生活習慣病の予防につながることがわかった。

あわせて読みたい

  • 「速歩き」が認知症を防ぐ! 医師がすすめる「正しい歩き方」

    「速歩き」が認知症を防ぐ! 医師がすすめる「正しい歩き方」

    週刊朝日

    10/9

    たった3分の速歩きと○○で10歳若返る?!話題の“インターバル速歩”とは

    たった3分の速歩きと○○で10歳若返る?!話題の“インターバル速歩”とは

    dot.

    7/7

  • ダラダラ「1万歩」は「何もしない」人と大差なし!? 筋力・持久力アップに効くのは「速歩き」

    ダラダラ「1万歩」は「何もしない」人と大差なし!? 筋力・持久力アップに効くのは「速歩き」

    AERA

    10/8

    1万歩は歩きすぎ…「ウォーキング」で気をつけたい4つの間違い

    1万歩は歩きすぎ…「ウォーキング」で気をつけたい4つの間違い

    週刊朝日

    10/15

  • 「股関節の痛み」は中高年以降の女性に多く発症 子育て中に子どもを抱くなどの負荷が影響?

    「股関節の痛み」は中高年以降の女性に多く発症 子育て中に子どもを抱くなどの負荷が影響?

    dot.

    12/2

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す