山で子どもを産み育てる計画も…桐野夏生が描く「連合赤軍」の真実

2017/03/30 07:00

 45年前、仲間12人がリンチで殺害される「連合赤軍事件」が社会に衝撃を与えた。その渦中にいた「元女性兵士」を主人公にした長編小説『夜の谷を行く』(文藝春秋)が近く出版される。著者の桐野夏生さんに、いまなぜ彼ら彼女らを描いたのか聞いた。

あわせて読みたい

  • 田原総一朗「連合赤軍事件から50年で考える 若者が政治を語る意味」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「連合赤軍事件から50年で考える 若者が政治を語る意味」

    週刊朝日

    1/19

    社員5人でも一人勝ち ドキュメンタリー映画配給会社「東風」の強みとは

    社員5人でも一人勝ち ドキュメンタリー映画配給会社「東風」の強みとは

    週刊朝日

    4/8

  • ホリエモンも田中康夫も…瀬戸内寂聴さんはバッシングされた人の味方だった

    ホリエモンも田中康夫も…瀬戸内寂聴さんはバッシングされた人の味方だった

    週刊朝日

    11/17

    よど号ハイジャック事件の全容と「明日のジョー」の悲しき証明

    よど号ハイジャック事件の全容と「明日のジョー」の悲しき証明

    dot.

    10/16

  • 事件を縦糸、鉄道を横糸に近現代史描き出す さまざまな人物が交錯する「歴史のダイヤグラム」刊行

    事件を縦糸、鉄道を横糸に近現代史描き出す さまざまな人物が交錯する「歴史のダイヤグラム」刊行

    AERA

    11/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す