山で子どもを産み育てる計画も…桐野夏生が描く「連合赤軍」の真実

2017/03/30 07:00

 45年前、仲間12人がリンチで殺害される「連合赤軍事件」が社会に衝撃を与えた。その渦中にいた「元女性兵士」を主人公にした長編小説『夜の谷を行く』(文藝春秋)が近く出版される。著者の桐野夏生さんに、いまなぜ彼ら彼女らを描いたのか聞いた。

あわせて読みたい

  • よど号ハイジャック事件の全容と「明日のジョー」の悲しき証明

    よど号ハイジャック事件の全容と「明日のジョー」の悲しき証明

    dot.

    10/16

    「女はお茶くみ」の時代に革命を信じ…全共闘「女性たちの闘い」の追憶

    「女はお茶くみ」の時代に革命を信じ…全共闘「女性たちの闘い」の追憶

    AERA

    8/1

  • 「民主党では日本は潰れる。内閣改造して自公社を取り込め」

    「民主党では日本は潰れる。内閣改造して自公社を取り込め」

    週刊朝日

    3/1

    高揚、憤懣、挫折、信念…当事者が語る「学生運動」の真実

    高揚、憤懣、挫折、信念…当事者が語る「学生運動」の真実

    週刊朝日

    4/12

  • ヒゲの殿下「なぐり返す」発言に「暴走族同乗ルポ」…“過激”な70年代

    ヒゲの殿下「なぐり返す」発言に「暴走族同乗ルポ」…“過激”な70年代

    週刊朝日

    2/24

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す