子孫が語る刀剣と秘話 二人の父の形見となる立花宗茂を守護する刀

歴史

2017/03/17 07:00

 北原白秋が、「水郷柳河こそは、我が生まれの里である。この水の柳河こそは、我が詩歌の母体である」と詠んだ福岡県柳川市にある「立花家史料館」は、歴史ある文化ミュージアムだ。そこには立花家500年にわたる文書、武具甲冑(かっちゅう)等およそ5千点に及ぶ文化財が収蔵されている。

あわせて読みたい

  • 子孫が語る刀剣と秘話 武田信玄とその子孫を守護する幻の刀

    子孫が語る刀剣と秘話 武田信玄とその子孫を守護する幻の刀

    週刊朝日

    3/24

    謙信ゆかりの名刀5億円で取り戻す 岡山県瀬戸内市がふるさと納税で資金調達

    謙信ゆかりの名刀5億円で取り戻す 岡山県瀬戸内市がふるさと納税で資金調達

    週刊朝日

    10/25

  • 子孫が語る刀剣と秘話「実戦力と機能美を備えた石田三成の愛刀」

    子孫が語る刀剣と秘話「実戦力と機能美を備えた石田三成の愛刀」

    週刊朝日

    1/26

    学芸員が教える とっておきの「名物刀剣」

    学芸員が教える とっておきの「名物刀剣」

    dot.

    4/1

  • 子孫が語る刀剣と秘話 長宗我部家に伝わる歴史を刻む無銘の刀

    子孫が語る刀剣と秘話 長宗我部家に伝わる歴史を刻む無銘の刀

    週刊朝日

    3/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す