教育界で大ブーム 受験だけじゃない“学び”を得られるALとは?

大学入試

2017/02/17 11:30

 東大が入試改革とともに進めている「高大接続改革」。埼玉県内の高校などと連携した取り組みで、授業改善などを行なっているが、そこで注目されているのが「知識構成型ジグソー法」と呼ばれる、アクティブ・ラーニング(AL)型の授業だ。開発したのは、東大の大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)。英語での略称から、コレフと呼ばれる。教育ジャーナリスト・渡辺敦司氏がその実態を探る。

あわせて読みたい

  • 頭のいいバカはもういらない センター試験と偏差値序列社会の終焉

    頭のいいバカはもういらない センター試験と偏差値序列社会の終焉

    AERA

    3/24

    授業の改善で新たな学び 東大発の高校教育改革

    授業の改善で新たな学び 東大発の高校教育改革

    週刊朝日

    2/17

  • 本来の役割は「高大接続」 なし崩しで見送りになった記述式問題の見直しには本質的議論を

    本来の役割は「高大接続」 なし崩しで見送りになった記述式問題の見直しには本質的議論を

    AERA

    12/25

    青学大「系属校」で志願者3倍増&偏差値アップ 「高大連携」のメリットとは?

    青学大「系属校」で志願者3倍増&偏差値アップ 「高大連携」のメリットとは?

    AERA

    5/12

  • 「英語専門家おらず、民間試験の話題なし」導入の経緯を「知るはず」の委員の証言で浮かぶ疑惑

    「英語専門家おらず、民間試験の話題なし」導入の経緯を「知るはず」の委員の証言で浮かぶ疑惑

    AERA

    11/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す