冬の贅沢を味わえる雪見温泉7選 文豪・藤沢周平の定宿も! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

冬の贅沢を味わえる雪見温泉7選 文豪・藤沢周平の定宿も!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#旅行
鷹の巣温泉 四季の郷 喜久屋(撮影/写真部・加藤夏子)

鷹の巣温泉 四季の郷 喜久屋(撮影/写真部・加藤夏子)

 真っ白な雪景色を眺めながら、ほかほかの温泉につかる。これぞ冬の贅沢だ。雪国・新潟、山形へ出かけて、至福の「雪見温泉」を堪能してみてはいかが。

【写真】冬の贅沢を味わえる雪見温泉

■鷹の巣温泉 四季の郷 喜久屋
新潟県北の清流・荒川に架かる吊り橋の先にある宿。部屋は全室露天風呂付きの離れで、ほかの宿泊客に会わず、渓谷に積もる雪を眺めながら、のんびりと温泉につかれる。えちごせきかわ温泉郷の中で最上流に位置する“穴場”で、お忍びで訪れる著名人も多いとか。地元の山菜・摘み草料理やブランド豚「朝日豚」、海の幸など、自然の恵みがいっぱいの料理も魅力

新潟県関川村鷹ノ巣1076‐1/料金:1泊2人1室1人あたり1万8000円~(2食付き)/源泉掛け流し、ナトリウム─塩化物・硫酸塩泉

■瀬波温泉 大観荘せなみの湯
新潟県最北端の村上市で、石油掘削の際に湧出した瀬波温泉。日本海のそばにあり、同温泉を訪れた歌人・与謝野晶子は45首を詠んだという。宿の風呂や部屋からは絶景のオーシャンビューが楽しめ、晴れた日は日本海に沈む夕日が望める。冬は“日本海名物”の荒波を眼下に、温泉で芯まで温まりたい。食事は地元産の村上牛や、釜炊きの岩船産コシヒカリに舌鼓

新潟県村上市瀬波温泉2‐10‐24/料金:1泊2人1室1人あたり1万3000円~(2食付き)/源泉掛け流し、ナトリウム─塩化物温泉

■由良温泉 ホテル八乙女
「東北の江の島」といわれる優美な由良海岸沿いに立つ宿で、全室から日本海を眺望可能。内湯脇の露天風呂からは、雪で白く化粧した願懸岩が見える。この岩は、対面すると老若男女の顔が発見でき、願をかけるとかなうとか。寒い冬は温泉から眺めるのもまた乙。食事は、鮑の踊り焼きや、こぼれ落ちるほどの海鮮がのった「こぼれ寿司」など、海の幸を堪能できる

山形県鶴岡市由良3‐16‐31/料金:1泊2人1室1人あたり1万4000円~(2食付き)/源泉掛け流し、ナトリウム塩化物・炭酸水素塩温泉とナトリウム・カルシウム硫酸塩温泉の2種


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい