映画「沈黙」の舞台・長崎を“聖地巡礼”してみた!

2017/01/24 11:30

 キリシタン弾圧を通じて人間を問う戦後日本文学の金字塔、遠藤周作の「沈黙」を、アカデミー賞受賞の巨匠マーティン・スコセッシ監督が映像化した「沈黙─サイレンス─」。その舞台、長崎を訪ねてみた。

あわせて読みたい

  • 【写真特集】「街道をゆく」の原風景を探す経路

    【写真特集】「街道をゆく」の原風景を探す経路

    11/4

    遠藤周作×マーティン・スコセッシ 「沈黙」の長崎を巡礼す

    遠藤周作×マーティン・スコセッシ 「沈黙」の長崎を巡礼す

    1/24

  • 映画『沈黙』にも縁 信徒の涙が流れた長崎、天草の教会を旅する

    映画『沈黙』にも縁 信徒の涙が流れた長崎、天草の教会を旅する

    BOOKSTAND

    2/1

    東浩紀「映画『沈黙―サイレンス―』を観てもう一度普遍主義の価値を考える」
    筆者の顔写真

    東浩紀

    東浩紀「映画『沈黙―サイレンス―』を観てもう一度普遍主義の価値を考える」

    AERA

    2/19

  • 「潜伏キリシタン」と「かくれキリシタン」何が違う? そこに世界遺産登録の理由が…

    「潜伏キリシタン」と「かくれキリシタン」何が違う? そこに世界遺産登録の理由が…

    dot.

    7/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す