【議員女子会】野田聖子「『女の敵は女』の筋書きを作る男」 (3/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【議員女子会】野田聖子「『女の敵は女』の筋書きを作る男」

このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影中の女子トーク/三原:めぐちゃん(金子)、ちょっと大きくなった?/金子:全体に大きくなりました。一時期より、20キロ、22キロ、太りまして……。/山尾:本当に? ぜんぜんそんなふうに見えない。/金子:一時期やばかったですよね。/山尾:でも私もこんな小さいのに15キロ太りましたから、比率としては多分同じくらいだと思う(笑)。/金子:出産後13キロ落ちたんです。/野田:みんあ、おきれいですよ(笑)。(2016年12月16日=撮影/写真部・加藤夏子)

撮影中の女子トーク/三原:めぐちゃん(金子)、ちょっと大きくなった?/金子:全体に大きくなりました。一時期より、20キロ、22キロ、太りまして……。/山尾:本当に? ぜんぜんそんなふうに見えない。/金子:一時期やばかったですよね。/山尾:でも私もこんな小さいのに15キロ太りましたから、比率としては多分同じくらいだと思う(笑)。/金子:出産後13キロ落ちたんです。/野田:みんあ、おきれいですよ(笑)。(2016年12月16日=撮影/写真部・加藤夏子)

山尾:ギリギリまで待ったんですけどね。出した1本はさっきの「候補者の数」で男女同数を目指す法案、2本目は「当選する人の数」で男女同数を目指す法案。比例復活の名簿を男女に分けて惜敗率で交互に繰り上げれば、復活する女性も増える仕組み。

野田:民進党、フライングしちゃったじゃない。

山尾:また17年ね。

野田:私は百歩譲って「政治分野における女性の参画と活躍を推進する議員連盟」の会長の座を、民進党に譲ったのに。普通は、与党の役職じゃない。男性の伴走者と一緒に女性が活躍してほしい、と思ってね。それがこれかい、みたいな。あはは(笑)。

山尾:ちょっとまだお怒りなんだけど(笑)。

野田:怒ってないよ。うちも11月16日の部会で法案提出したけど、こんなことで揉める政党かい、って思いましたよね。

金子:でも、最後えいって部会に出すところまで、こぎ着けましたね。

野田:法案を通すのは力仕事ですよ。どれだけの人に法案の説明とお願いの電話をしたか。

三原:「リベンジポルノ防止法」を成立させたときを思い出して、「とにかく、部会で仲間を集めるしかないですよ」と。

野田:なぜか清和会に反対が多かったのよね。そうしたら、下村博文先生が「いざというときは、俺が盾になる」って言ってくれて、とても嬉しかった。

三原:そうでしたね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい