俳優・柄本明が20年以上通う“ご近所さん”の裏メニューとは? 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

俳優・柄本明が20年以上通う“ご近所さん”の裏メニューとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
壷庵(こあん)の「担々麺」/鶏ガラと牛スジを6時間あまりかけて煮込んだスープに、豚ひき肉やザーサイ、練りゴマのコク、豆板醤の辛みが利いた逸品。麺の後に、ご飯を入れて食べる常連さんも多いとか。必ずあるわけではないので、事前確認を。1000円(税込み) (撮影/写真部・加藤夏子)

壷庵(こあん)の「担々麺」/鶏ガラと牛スジを6時間あまりかけて煮込んだスープに、豚ひき肉やザーサイ、練りゴマのコク、豆板醤の辛みが利いた逸品。麺の後に、ご飯を入れて食べる常連さんも多いとか。必ずあるわけではないので、事前確認を。1000円(税込み) (撮影/写真部・加藤夏子)

 著名人がその人生において最も記憶に残る食を紹介する連載「人生の晩餐」。今回、俳優の柄本明さんが選んだのは、壺庵(こあん)の「担々麺」だ。

*  *  *
 この店とは20年来の付き合いです。昔、この近くに住んでいたんですよ。2人の息子もこの学区の小学校を卒業しましたし、彼らが幼いころから、家族でよく食べに行きました。ここのおかみさんの料理はどれも家庭的でおいしくてね。行きつけであると同時にご近所さん。わが家の歴史をずっと見守ってくれている一軒なんです。

 担々麺は、実は裏メニュー。必ずあるとは限らないんです。いろんな料理を楽しんだ後、シメにオーダーすることが多いかな。みんなでシェアしたりして。食べごたえのある太めの麺に、程よく辛い深みのあるスープ。ゴマが香ばしいけれど、口当たりはさらりとしていて、食事の締めくくりにぴったりです。

 お店の奥に10人ぐらい入れる座敷がありましてね。家族でゆっくりしたいときや、誰かとじっくり話したいときは、そこを借りるんです。何だか自分の家にいるみたいで、心おきなくくつろげる。この店にはこれからも、何かにつけてお世話になるんでしょうね。きっと。

「壺庵」東京都世田谷区代沢2-44-15 A-LeCIEL代沢館2F/営業時間:11:30~14:00、18:00~22:00(祝は18:00~22:00のみ)/定休日:日

週刊朝日  2016年12月30日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい