“べっぴんさん”芳根京子「スーパーポジティブ」は母譲り 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“べっぴんさん”芳根京子「スーパーポジティブ」は母譲り

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2200人を超える応募者の中から、NHK連続テレビ小説「べっぴんさん」。ヒロインの座を射止めた芳根京子さん。変幻自在な愛くるしい表情をぜひお楽しみください。

 天真爛漫で、終始周りにハッピーオーラをふりまきながら撮影に臨んでくれた芳根さん。朝ドラの撮影中は、大阪で初めての一人暮らしをしているといい、寂しくないですか?と聞くと、

「スタジオに行くと、みんなが家族みたいなので全然寂しくありません。父役の生瀬勝久さんがいらっしゃる日は嬉しいし、夫役の永山絢斗さんがいるときは安心。皆さん、『ちゃんとご飯食べている?』『大丈夫?』って優しく声をかけてくださるので、ありがたいな~って思っています」

 と、ほんわかした笑顔。いつも感謝の気持ちを大切にしているといい、これはお母さん譲りなのだとか。

「うちの母はスーパーポジティブで、感謝の気持ちを忘れちゃだめよ、ありがたいねぇって言うのが口癖です。そのためか、家族みんなが、ありがとう、ありがとうってよく言っています(笑)」

 ドラマの今後が楽しみですが、芳根さんがこれから楽しみなことは?

「『べっぴんさん』が終わったあとの自分です。一体どんな景色が見えているんだろうって」

 さらに磨きがかかった素敵な俳優さんになっていることでしょう!

週刊朝日 2016年12月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい