仏陀に救いを求め――故・堀越千秋が闘病中に描いた最後の旅作品展

2016/12/05 07:00

 本誌で「美を見て死ね」を連載し、10月31日に死去した画家の堀越千秋さんが闘病中に描いたミャンマーをテーマにした作品展が、東京都千代田区の麹町コレクションで12月5~17日に開かれる。

あわせて読みたい

  • 祖国の急速な民主化を外から見る、在日ミャンマー人の意外な反応

    祖国の急速な民主化を外から見る、在日ミャンマー人の意外な反応

    週刊朝日

    6/28

    屋久島の雄大さとミャンマーの悲惨さを「エンターテインメント」として統合する 写真家・夢無子

    屋久島の雄大さとミャンマーの悲惨さを「エンターテインメント」として統合する 写真家・夢無子

    dot.

    10/18

  • MORISAKI WINは母国ミャンマーへの想い、和楽器バンドはドラマ&アニメ主題歌を披露 NHK『SONGS OF TOKYO』

    MORISAKI WINは母国ミャンマーへの想い、和楽器バンドはドラマ&アニメ主題歌を披露 NHK『SONGS OF TOKYO』

    Billboard JAPAN

    5/14

    “ロシアは疫病神” “国軍は悪魔” 急接近に苦悩するミャンマーの国民
    筆者の顔写真

    下川裕治

    “ロシアは疫病神” “国軍は悪魔” 急接近に苦悩するミャンマーの国民

    dot.

    5/20

  • 東南アジアの仏教国で正月恒例の「水かけ祭り」 復活した国とできなかった国
    筆者の顔写真

    下川裕治

    東南アジアの仏教国で正月恒例の「水かけ祭り」 復活した国とできなかった国

    dot.

    5/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す