首脳会談は朴槿恵の代理? 弾劾可決に王手へ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

首脳会談は朴槿恵の代理? 弾劾可決に王手へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#朴槿恵
朴大統領の支持率は史上最低。完全に開き直りか? (c)朝日新聞社

朴大統領の支持率は史上最低。完全に開き直りか? (c)朝日新聞社

「ただ現状では、憲法裁判所は保守系の裁判官で固められていて、棄却される可能性もあるといわれている。しかし、罪も明らかで世論の怒りもすさまじく簡単に棄却できるかどうか……」(同)

 その世論は完全にそっぽを向き、大統領支持率は史上最低の4%を記録した。ウォーターゲート事件のニクソン大統領を赦免したフォードに倣って退陣後も罪は問わないとする「大統領赦免」の提案(中央日報21日)も出たが、「ここまでうそにうそを重ねた朴大統領を国民は絶対に許さない」(別の記者)という見方が大勢だ。また、「もう朴槿恵は過去だ」(朝鮮日報21日)とし、事態をどのように収拾すべきか、「ポスト朴」を考える時だという見解も出始めている。

 日本にとっても朴大統領の進退は悩ましい。弾劾可決となれば大統領は職務停止となり、12月の日中韓首脳会談には代理が出席することになるかもしれない。

「プーチンに裏切られた安倍首相にとって、朴大統領が参加しても対応に困り、代理では格下だと中国が会談を拒否する可能性もある。どちらも頭が痛い問題です」(日本の外交専門家)

 事実は韓国ドラマよりも奇なり。朴大統領の去就はどうなるか、そしてこの事態を国としてどう乗り越えるのか、韓国はいま、大きな試練を迎えている。

週刊朝日 2016年12月9日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい