京都在住の写真家が厳選! 京都・奈良の紅葉スポット11選 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

京都在住の写真家が厳選! 京都・奈良の紅葉スポット11選

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
南禅寺/三門の拝観開始後すぐに上がれば、写真のように人の少ない参道を覆う紅葉が楽しめる。拝観自由の境内を早朝に散歩するのもおすすめで、水路閣周辺も見どころ。塔頭の天授庵も、昼夜ともに美しい(c)星野佑佳

南禅寺/三門の拝観開始後すぐに上がれば、写真のように人の少ない参道を覆う紅葉が楽しめる。拝観自由の境内を早朝に散歩するのもおすすめで、水路閣周辺も見どころ。塔頭の天授庵も、昼夜ともに美しい(c)星野佑佳

 紅葉の季節が訪れようとしている。日本の美の粋を楽しむなら、やはり古都がふさわしい。見頃を知り尽くしている京都在住の風景写真家・星野佑佳さんが京都と奈良の定番から穴場まで、惜しみなく案内してくれた。

【古都の絶景を独り占め!写真特集はこちら】

<京都>
■南禅寺
京都市左京区南禅寺福地町/拝観時間:三門8:40~17:00(12~2月、~16:30)/拝観料:三門(大人)500円、境内無料/例年の見頃:11月中~下旬/おすすめの時間帯:三門拝観開始後すぐ、早朝

三門の拝観開始後すぐに上がれば、写真のように人の少ない参道を覆う紅葉が楽しめる。拝観自由の境内を早朝に散歩するのもおすすめで、水路閣周辺も見どころ。塔頭の天授庵も、昼夜ともに美しい

■瑠璃光院
京都市左京区上高野東山55/拝観時間:10:00~16:30(閉門17:00)*12月4日まで限定公開/拝観料(大人):2000円/例年の見頃:11月下旬/おすすめの時間帯:午前中

比叡山麓の八瀬にある隠れた名所。書院2階の窓から、額縁のように「瑠璃の庭」を眺めたい。写経用の机への映り込みを楽しむのなら、人の少ない開門まもなくがよいが、境内全体としては、夕方の光に包まれる時間帯も捨てがたい。離れの茶室あたりの紅葉も見事

■神護寺
京都市右京区梅ケ畑高雄町5/拝観時間:9:00~16:00/拝観料(大人):600円/例年の見頃:11月中旬/おすすめの時間帯:人の少ない早朝、薄暮

金堂へと続く石段を覆うような紅葉がすばらしく、上からの眺めが定番だが、見上げても美しい。境内奥のかわらけ投げへ向かう道の紅葉にも足を運びたい。山中のため、雨の日や雨上がりの早朝は霧が出ることもあり幻想的

■嵐山
京都市右京区、西京区/例年の見頃:11月下旬/おすすめの時間帯:渡月橋 朝7時頃、大堰川 日中

渡月橋は、朝日が山に当たる時間がひときわ美しい。市営嵐山観光駐車場あたりの川沿いから、橋を眺めたい。大堰川は、保津川下りの舟の時間に合わせるのがベスト。舟を写した写真は渡月橋西側(琴きき茶屋側)を上流に向かって歩き、公園入り口の階段よりさらに奥で撮影した。公園の展望台から、対岸の千光寺と川を見下ろす眺望も良い

■岩戸落葉神社
京都市北区小野下ノ町170/例年の見頃:11月上~中旬/おすすめの時間帯:何時でも

「源氏物語」に登場する落葉の宮ゆかりの社で、銀杏が散りはじめ、敷き詰められた頃が最も美しい。市街地から離れているため穴場で、時間を問わず堪能できる。見逃せないのは年に一夜限りのライトアップ。今年は11月19日の17時頃~


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい