漫画『パパはなんだかわからない』のネタ元は電車や飲み屋のおじさん 作者・山科けいすけインタビュー

2016/10/07 11:30

 1994年から続く週刊朝日の連載マンガ「パパはなんだかわからない」が1千回を超え、傑作選が9月20日に刊行される。有能な営業マンで良き家庭人の主人公、沢村課長の哀愁コメディー。作者の山科けいすけは「電車や飲み屋で観察するおじさんたちがネタになる。どんなところにも面白い人はいるものです」と語る。

あわせて読みたい

  • バンダイ御曹司がハマった愛欲と金欲

    バンダイ御曹司がハマった愛欲と金欲

    週刊朝日

    12/7

    ミッツ・マングローブ「田村正和が魅せ続けた等身大の『中年らしさ』」
    筆者の顔写真

    ミッツ・マングローブ

    ミッツ・マングローブ「田村正和が魅せ続けた等身大の『中年らしさ』」

    週刊朝日

    6/2

  • アエラの表紙に星野源が登場!あの連載の話をしよう

    アエラの表紙に星野源が登場!あの連載の話をしよう

    AERA

    9/18

    【ニッポンの課長】タカラトミー「オシャレ女子を創る」

    【ニッポンの課長】タカラトミー「オシャレ女子を創る」

    AERA

    9/14

  • 中2からパパ活で200人と会った25歳OL「まともな恋愛できない」 就職してもやめられない深刻な理由【2019年ベスト20 10月30日】

    中2からパパ活で200人と会った25歳OL「まともな恋愛できない」 就職してもやめられない深刻な理由【2019年ベスト20 10月30日】

    dot.

    12/25

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す