認知症を予防する「有効」な脳トレとは? “ボケたま記者”が挑戦

介護を考える

2016/09/23 07:00

 65歳以上の4分の1が認知症になるとも言われ、予防効果をうたう脳トレ商品があふれている。漢字パズルや大人の塗り絵、音読・計算、最近はITグッズも多い。いったいどれが有効なのか──。認知症早期治療実体験ルポ「ボケてたまるか!」の筆者であり、MCI(軽度認知障害)当事者の“ボケたま記者”こと山本朋史記者(64)が、脳トレ最前線をのぞいた。

あわせて読みたい

  • 認知症「早期」治療ルポ 健常でも継続するべき「7つの習慣」

    認知症「早期」治療ルポ 健常でも継続するべき「7つの習慣」

    週刊朝日

    8/10

    筋肉ピクピクで認知症改善? 脳細胞活性に筋トレ有効か

    筋肉ピクピクで認知症改善? 脳細胞活性に筋トレ有効か

    週刊朝日

    8/29

  • 軽度認知症は筋トレで回復する? 62歳の“認知症グレーゾーン”改善入門

    軽度認知症は筋トレで回復する? 62歳の“認知症グレーゾーン”改善入門

    週刊朝日

    6/6

    認知症予防の「コグニサイズ」って何?

    認知症予防の「コグニサイズ」って何?

    週刊朝日

    1/31

  • 2年の認知症治療を経て…ボケたま記者 注目の検査結果は?

    2年の認知症治療を経て…ボケたま記者 注目の検査結果は?

    週刊朝日

    3/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す