真剣佑の人生を変えた“15歳での出会い” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

真剣佑の人生を変えた“15歳での出会い”

週刊朝日
真剣佑1996年生まれ。アメリカ・ロサンゼルス出身。幼少時から空手を習い、LA空手大会で優勝経験も。2014年から日本で活動を始め、映画「ちはやふる」、ドラマ「仰げば尊し」(ともに16年)などで注目される。公開待機作に「少女」(撮影/谷本結利、ヘアメイク/豊田 円[ADDICT_CASE]、スタイリスト/鈴木まさあき、衣装協力/アイディー デイリーウエア、ヘインズ、トッド スナイダー)

真剣佑
1996年生まれ。アメリカ・ロサンゼルス出身。幼少時から空手を習い、LA空手大会で優勝経験も。2014年から日本で活動を始め、映画「ちはやふる」、ドラマ「仰げば尊し」(ともに16年)などで注目される。公開待機作に「少女」(撮影/谷本結利、ヘアメイク/豊田 円[ADDICT_CASE]、スタイリスト/鈴木まさあき、衣装協力/アイディー デイリーウエア、ヘインズ、トッド スナイダー)

 2年前、俳優としての活動の拠点を日本に移した。話題のドラマ「仰げば尊し」にも出演したが、公開中の映画「にがくてあまい」では、林遣都(はやし・けんと)さん演じる美術教師の後輩の体育教師役。突き抜けて明るいキャラクターを、思い切りよく演じている。

「父からもらったアドバイスは、『感じたようにやれ』ってこと。それだけです。『カメラの前では誰も助けてくれない。誰も教えてくれない。だから、自分の感性を信じるんだ』って。僕は、それがどんな役でも、“自分じゃなきゃこの役は成立しなかった”ってことを証明したい。今のところ、アクションには全くと言っていいほど興味がないんですが(苦笑)、いただいた仕事は何でもやります。

『◯◯しかやりたくない』とかって、自分が演じる役を限定している俳優の方がいたとしたら、僕だったら尊敬できない気がしちゃうので」

 芝居場で出会える新しい自分を楽しんでいる一方で、プライベートの時間は、最近ほとんどない。

「カラオケも好きで、日本の歌も歌います。でも何を歌うかは内緒(笑)。僕、プライベートのこと話すのがあまり好きじゃないんで。すいません」

 その媚のなさに、大物の予感が。

週刊朝日  2016年9月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい