ヒロミ テレビ出てない間も「毎日見てるわよ」と声かけられてた

週刊朝日
 バラエティー番組などにひっぱりだこのヒロミさん。最近はドラマでもご活躍です。ですが「再ブレーク」を果たすまでの10年間、一切テレビに出なかった時期が。「一般人」として過ごした10年間と戻ってきた今を作家・林真理子さんとの対談で明かしました。

*  *  *
林:10年間出ていなかったといっても、みんなの頭の中にはちゃんといて、「あの人はいま」という感じじゃないんですね。

ヒロミ:若い子だと、僕のこと知らないと思うんですね。でも、50代60代の人たちからはテレビに出てない間も「毎日見てるわよ」とか声かけられたりして、「いえ、出てないですけど」みたいな(笑)。意外と忘れられないものだと思いましたね。自分でも一般人という意識だったので、変装もマスクもしないで普通に一人で歩いていて、「最近出てないじゃない」とか言われても、「ああ、やめました」みたいな感じで答えてました。

林:そうだったんですか。共演している若いタレントさんの中には、初めてヒロミさんを見る人も多いわけでしょう。

ヒロミ:と思います。ただ、僕が昔やっていた番組に出ていた若い人たちがいま最前線でやってるので、戻ってきたときすごいラクでしたね。嵐のメンバーとか、嵐になる前から知ってるんで。

林:おー、なるほど。

ヒロミ:「おう、よかったな、嵐になって」という感じで。彼らは当時、コワくて話もできなかったらしいんですけど。芸人さんでも、当時僕のことをコワがっていたという人の番組に呼ばれたりとか。

林:それに上位何人かの顔ぶれは、まったく変わってないんでしょうね。たけしさんとか、さんまさんとか。

ヒロミ:変わってないですね。

林:でも、テレビ局のお弁当の質が悪くなったとか?(笑)

ヒロミ:それもありますし、収録時間が短くなりました。昔はやたら長かったんですよ。長くなればその分編集費もスタジオ代もかかりますから、ムダだしもったいない。僕、ジムとか経営して、経費とかそういうことばっかりやってきたから、制作側の気持ちがわかるんです。

林:そうか、手に取るようにわかっちゃうわけですね。

ヒロミ:毎日売り上げを見ていて、「今日はよかった」「悪かった」「今月は赤字だった」とかやるので、テレビの仕事でもその感覚があります。26歳ぐらいから独立して個人事務所でやってきたので、そういうクセがついちゃってるんです。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック