何時何分何秒か一瞬でわかる! 使い勝手よい“パイロットウォッチ” 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

何時何分何秒か一瞬でわかる! 使い勝手よい“パイロットウォッチ”

このエントリーをはてなブックマークに追加
Laco パイロットウォッチアーヘン 5万9400円Lacoのパイロットウォッチはそれぞれ、空港がある世界都市の名前を冠している。文字盤の直径42mm、重さ98gの「アーヘン」は男性向け。裏面はシースルーで、美しいムーブメントがのぞける。自動巻き。文字盤がひとまわり小さい男女兼用「トウキョウ」もある(撮影/写真部・松永卓也)

Laco パイロットウォッチ
アーヘン 5万9400円

Lacoのパイロットウォッチはそれぞれ、空港がある世界都市の名前を冠している。文字盤の直径42mm、重さ98gの「アーヘン」は男性向け。裏面はシースルーで、美しいムーブメントがのぞける。自動巻き。文字盤がひとまわり小さい男女兼用「トウキョウ」もある(撮影/写真部・松永卓也)

 贈り物として、自分自身を“大人”として演出するものとして、知っておきたい“粋”な一品。今回は、「Laco・パイロットウォッチアーヘン」を紹介する。

*  *  *
 第2次世界大戦中、ドイツ空軍が採用した腕時計が、ラコ社のパイロットウォッチ。その特徴は、視認性、動作性を極めたデザインだ。

 見やすさを意識した太い針、夜間飛行時に必要な蛍光加工、手袋を外さずに巻ける大型リューズに加え、文字盤の12時の位置に施された三角形が目を引く。飛行中も時計の上下をすばやく認識するための工夫だ。外周に配置された秒針・分針のインデックスで、何時何分何秒かが一瞬でわかるのもうれしい。

 クラシカルな見た目はそのままに、現代版にアレンジした「使いやすい時計」がここにある。

■本商品は朝日新聞社の通信販売「朝日新聞SHOP」でもご注文いただけます。
フリーダイヤル 0120-013-193(年末年始をのぞく毎日9:00~19:00)

週刊朝日 2016年8月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい