「出来の悪い娘」と故・相澤会長の霊前で詫びたのりピーの度胸と複雑な生い立ち

2016/08/16 16:00

 芸能事務所のサンミュージックが来年50周年を迎える。中でもアイドル全盛期、新風を巻き起こしたのが、「マンモスうれピー」「よろぴく」など「のりピー語」を流行らせた、酒井法子だ。法子もデビュー当時は創業者の故・相澤秀禎氏宅に下宿をした。

あわせて読みたい

  • デビュー当時、実は2番手だった松田聖子、大逆転したワケ

    デビュー当時、実は2番手だった松田聖子、大逆転したワケ

    週刊朝日

    8/8

    「愛情をください」と訴えた岡田有希子 死の直前、シクシク泣いて「事務所へ行きたい」

    「愛情をください」と訴えた岡田有希子 死の直前、シクシク泣いて「事務所へ行きたい」

    週刊朝日

    8/12

  • 再ブレークした太川陽介の命運を分けた瞬間と、早見優がトイレに駆け込んで泣いたワケ

    再ブレークした太川陽介の命運を分けた瞬間と、早見優がトイレに駆け込んで泣いたワケ

    週刊朝日

    8/12

    「スタ誕」最多のプラカードだった桜田淳子、山口百恵との関係とは?

    「スタ誕」最多のプラカードだった桜田淳子、山口百恵との関係とは?

    週刊朝日

    8/8

  • サンミュージック50周年 タレント第1号で事務所名の由来となった森田健作

    サンミュージック50周年 タレント第1号で事務所名の由来となった森田健作

    週刊朝日

    8/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す