息抜きするには繰り返し? 知花くららが学ぶ“大人の余裕” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

息抜きするには繰り返し? 知花くららが学ぶ“大人の余裕”

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
知花くららが学ぶ“大人の余裕”とは?

知花くららが学ぶ“大人の余裕”とは?

永田:あんまり使いすぎると軽くなっちゃうけど、オノマトペと同じで、うまく息抜きさせる効果があるから、どうしても5音足りなかったりするとき試してみたらいいと思う。リフレインを使うとすんなり収まって意外と面白くなることがあるから。無理やり考えた言葉を持ってきても窮屈になっちゃうことが多いし、特に初心者の歌は意味がガチガチに詰まりがちだから、隙間をあける意味でもいい方法ですね。

知花:大人の余裕ですね。

永田:うん、まさにそうですね。リフレインは精神的な余裕がないと使えないの。あんなにリフレインを多用した永井陽子も、お母さんの介護が大変になった時期は極端に少なくなった。

知花:言いたいことがありすぎて?

永田:そうそう。それを思うと、リフレインというものが持ってる意味がよくわかると思いますね。

週刊朝日  2016年7月8日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい