「違法性ある」舛添都知事の狭まる包囲網

舛添要一

2016/06/15 07:00

「給与を半分に」「湯河原の別荘を売却」「絵画を寄付」。公私混同の疑惑から逃れ、禊(みそぎ)を済ませたかったはずの舛添要一都知事。だが、辞職を求める声はやまず、おひざ元の自治体からも包囲網を敷かれる始末だ。

あわせて読みたい

  • 舛添都知事 自分で費用出すのに「第三者の目」で調査? 二度目の「釈明会見」は逃げの一手

    舛添都知事 自分で費用出すのに「第三者の目」で調査? 二度目の「釈明会見」は逃げの一手

    dot.

    5/20

    舛添バッシングの裏に自民党・都庁職員との“政争”

    舛添バッシングの裏に自民党・都庁職員との“政争”

    ダイヤモンド・オンライン

    5/23

  • 舛添都知事“茶番”劇場 自公が引導を渡せない裏事情

    舛添都知事“茶番”劇場 自公が引導を渡せない裏事情

    週刊朝日

    6/1

    田原総一朗「命とりとなった舛添都知事の『誰にも負けない自信』」
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗「命とりとなった舛添都知事の『誰にも負けない自信』」

    週刊朝日

    6/24

  • 知事選に50億円 潔く辞任していれば“節税”できた?

    知事選に50億円 潔く辞任していれば“節税”できた?

    週刊朝日

    6/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す