大河ドラマ『真田丸』の“頬をパンパン”が定着した理由

 大河ドラマ「真田丸」の真田昌幸役で圧倒的な存在感を放つ俳優・草刈正雄さん。作家・林真理子さんと対談した。

*  *  * 
林:「真田丸」、視聴率いいですね。私も日曜夜8時が本当に楽しみです。昌幸役、草刈さんにぴったり。

草刈:(軽くガッツポーズして)ありがとうございます。

林:草刈さんは以前、真田幸村(信繁)を演じてらっしゃるんですね(「真田太平記」NHK、1985~86年)。

草刈:そうです、因縁めいたものを感じますね。当時は丹波(哲郎)さんが強烈な個性で昌幸をやっていたので「俺にできるかな」と思ってたんです。でも、何本か脚本が届くうちに三谷ワールドにはまっていって、「やれるかもしれない」と。

林:ものすごい存在感がありますよ。特に馬に乗っているところとか、戦国武将という雰囲気が漂っていて。

草刈:毛皮のロングコートを着てるんですが、あれがワイルドですごくいいですね。ああいうものからイメージをもらいました。言いたいことをズケズケ言う田舎の親父で、「都会モンなんかに負けるか」と思っているという。

林:でも今日お目にかかってみると、画面で見ているあのお父さんとは雰囲気が違いますね。

草刈:今回の昌幸役については、僕だけじゃなくて、何か別の不思議な力が加わってるんじゃないかと感じることがありますね。

林:私は息子たちとお父さんの3人のシーンがすごく好きなんです。息子は2人ともお父さんのことが大好きで、すごく尊敬していて、でもお父さんはそれを微妙にかわしちゃう(笑)。それがまた何とも言えずにいい感じなんですよね。

草刈:そこまで考えてやってるわけじゃないんだけど、画になってみると、そんな雰囲気が出てますよね。

林:でも、戦国の世ってあんなふうに家族が仲いいものですか。

続きを読む

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック