前田敦子が脱皮、石田ゆり子がエロ過ぎ? 今期ドラマの明暗 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前田敦子が脱皮、石田ゆり子がエロ過ぎ? 今期ドラマの明暗

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#ドラマ
石田ゆり子 (c)朝日新聞社

石田ゆり子 (c)朝日新聞社

 年明けから世間を騒がせている人気タレント、国会議員などの不倫騒動や芸能人カップルの熱愛――。その波がドラマにも押し寄せているのか“ドロドロな恋愛”や“ラブコメディー”が急増している。話題は呼んでいるのに、視聴率は低空飛行。春ドラマは一体どうなっているのか。

「録画やオンデマンド配信などドラマの見方の多様化で視聴率だけでは語れない時代に変わっています。数字が低い=つまらないとは一概には言えないのです」

 そう語るのは上智大学の碓井広義教授(メディア論)。

 今期は、“豪快に脱いだセクシーシーン”と“濃厚なキスシーン”が満載だ。まずは、前田敦子が“超恋愛体質”で二股交際や不倫におぼれていく政治部記者を演じる「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系・水曜24時10分)。

 AKBのあっちゃんという面影を脱ぎ去り、男性と躊躇(ちゅうちょ)なくキスをしまくり、肌を露出して抱き合う。「深夜の昼ドラ」というキャッチフレーズにもうなずける過激なシーンの連続。こんなあっちゃんを見たくないファンも多いだろうが、

「常に二股していないと不安な政治部記者というキャラクターはおもしろい。普通の女性を演じても『あっちゃん』という感じが強かったが、大胆な濡れ場にも挑戦して女優・前田敦子に脱皮。驚きと共に予想を超える楽しさですね」(碓井教授)

 過激さで負けず劣らずなのが「不機嫌な果実」(テレビ朝日系・金曜23時15分)。林真理子原作のベストセラー小説を約20年ぶりに栗山千明主演でドラマ化した。稲垣吾郎演じる夫に満足できない栗山は、元カレと熱い口づけの末に不倫旅行。友人を演じる橋本マナミは、若い愛人とキャンディーを口移ししながら路チュー……。高梨臨演じるもう一人の友人は主人公の夫を寝取るなど、ドロドロすぎる展開が続く。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい