知花くららが“オノマトペ”に挑戦 擬音と違う面白さとは

2016/05/01 07:00

 国連WFP日本大使としてアフリカなどの現地視察にも力を入れているモデルの知花(ちばな)くららさんが、「朝日歌壇」の選者でもある永田和宏先生に自由な歌を詠む方法について聞いた。

あわせて読みたい

  • 息抜きするには繰り返し? 知花くららが学ぶ“大人の余裕”

    息抜きするには繰り返し? 知花くららが学ぶ“大人の余裕”

    週刊朝日

    7/3

    知的センスなしは非モテだった…知花くらら“歌を贈る理由”を知る

    知的センスなしは非モテだった…知花くらら“歌を贈る理由”を知る

    週刊朝日

    7/29

  • 8月19日は「俳句の日」 ── 俳句とオノマトペ

    8月19日は「俳句の日」 ── 俳句とオノマトペ

    tenki.jp

    8/19

    “湯たんぽ”に女心が? 短歌に込められた思いを知花くららが分析

    “湯たんぽ”に女心が? 短歌に込められた思いを知花くららが分析

    週刊朝日

    1/7

  • 知花くららの短歌レッスン 恋の場面にコーヒーはありがち?

    知花くららの短歌レッスン 恋の場面にコーヒーはありがち?

    週刊朝日

    2/24

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す