北原みのり「『女性ならではの悩み』の裏側」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「『女性ならではの悩み』の裏側」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

避難生活を送る女性たちが安心して過ごせるように…(※イメージ)

避難生活を送る女性たちが安心して過ごせるように…(※イメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。北原氏は、熊本地震で避難生活を送る女性たちが安心して過ごせるよう、行政に配慮してほしいという。

*  *  *
 ある日突然、震災によって大切な人を失う、ペットを失う、家を失う、そのような体験を、わずか数年の間に、どれだけ多くの方々が味わってきただろう。地震の国に生まれた者として、震災は我が身にもふりかかることではあるけれど、激しい余震の中、避難生活を余儀なくされている方々の痛みを思えば言葉を失う。

 情報を得たくて、テレビをつける。たった数個のおにぎりを手にするために数時間並ばなければいけない人々が映し出される。お年寄りが「家に帰りたい」と訴える。そういう“情景”をテレビで観ていることが、後ろめたくてテレビを消す。その繰り返し。

 テレビで若い男性レポーターが張り切って話していた。「避難所では、女性ならではの悩みがあります!」と。女性ならではの悩み? 思わず耳を傾ける。「衝立がないから着替えができないのです」「トイレが使えないので、そこら辺でするしかないと仰る女性もいました」。彼はまっすぐな眼差しをカメラに向け、痛ましい表情で語る。「女性ならではの、このような悩みがあるのです!」

 サラリと聞き逃すことができなかった。もし男の人が避難所のどこでも着替えられ、どこでも排泄できると思えるのだとしたら、それは何故なのか。そのことを考えてしまう。長年、女としてこの社会に生きている実感としては、避難中の“女性ならでは”の苦しみは、“私たちが着替えられない”ことではなく、むしろ男が衝立なしに堂々と着替え、躊躇(ちゅうちょ)なく排泄することの方なのではないか。あまりにも「自然」とされる男性の性を、様々な形で見せつけられることなのではないか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい