AERA dot.

北原みのり「『(女は)愛されなきゃ意味がない』←ハァ?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(更新 )

新曲は「女性差別」?(※イメージ)

新曲は「女性差別」?(※イメージ)

 作家・北原みのり氏の週刊朝日連載「ニッポンスッポンポンNEO」。HKT48の新曲に対し、こんな感情を抱いたという。

*  *  *
 秋元康さん作詞の新曲が、「女性差別」との批判を受けている。HKT48の歌で、「女の子は可愛くなきゃね」「どんなに勉強できても 愛されなきゃ意味がない」「女の子は恋が仕事よママになるまで子供でいい」。まあ、そんなような歌詞で、子供みたいな前髪たっぷりのアイドルたちが、跳びはねたり、口プーッと膨らませたり、ふにゃふにゃふわふわ体くねらせたり、ピンクとかイエローとかケーキとか風船とか、そんなものに囲まれている感じのPVだ。

 あまりにもストレートな表現に、「あえて炎上させているのではないか」と疑いの声すら出ているが、私は正直、これは女性差別だ! と怒る前に、キモすぎて吐きそう。「ママになるまで子供でいい」ってどうなの? 子供とセックスしたいって言ってるようなものだよね。マジでキモイ。

「(女は)愛されなきゃ意味がない」に反応する人も多かった。こんな戯(ざ)れ言、耳が腐るんだけど? の一言で片付けたいけど、でも、この歌が女性に向けたものではなく、アイドル好きの男のために創られた歌であることを意識すると、なるほどねぇ、と、うなずきたくなる思いにもなる。

 少女アイドルにはまっている知人がいる。テレビに出るようなアイドルではなく、うまくいけば顔見知りになれ、ラインのやりとりくらいはできるアイドルを応援するのが彼の趣味だ。彼は40代で小学生の子供と妻の3人暮らしだが、彼によればアイドルオタクの中心は40代男性で、妻子のある人、社会的地位のある人も少なくない。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧


   北原みのり をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加