AKB卒業の高橋みなみ ベッキー後釜も政界入りも「ぜ~んぜんです」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AKB卒業の高橋みなみ ベッキー後釜も政界入りも「ぜ~んぜんです」

週刊朝日
歌手、タレント高橋みなみたかはし・みなみ/1991年、東京都出身。2005年、AKB48に加入。09年、チームAのキャプテンとなり、12年、AKB48グループ総監督に就任。300人以上のメンバーをまとめてきた。4月8日、AKB48を卒業し、卒業後はソロ歌手として活動する。著書に『リーダー論』、写真集に『たかみな』『写りな、写りな』などがある(撮影/写真部・加藤夏子)

歌手、タレント
高橋みなみ
たかはし・みなみ/1991年、東京都出身。2005年、AKB48に加入。09年、チームAのキャプテンとなり、12年、AKB48グループ総監督に就任。300人以上のメンバーをまとめてきた。4月8日、AKB48を卒業し、卒業後はソロ歌手として活動する。著書に『リーダー論』、写真集に『たかみな』『写りな、写りな』などがある(撮影/写真部・加藤夏子)

高橋:それもぜんぜんです(笑)。たまにネットニュースで「高橋みなみ、政界進出か」とか書いてあって、びっくりします。AKBは田原総一朗さんにすごくお世話になっているんですが、田原さんが「向いてる」と言ってくださって……。

林:田原さんが言うんだから、間違いありませんよ。私、高橋さんの『リーダー論』という本読ませていただいて、感心しちゃった。今どきの24歳でこんなに自分の言葉と自分の考えを持っている人、いないですよ。さすが秋元(康)さんが見込んだ方だと思いました。秋元さんは、「AKB48とは、高橋みなみのことである」と言ったんでしょう?

高橋:昔、フォトブックを出したときに、帯にそう書いていただいたんです。そのときは総監督でもなかったので、どうしてこんなに素晴らしいことを言ってくださるんだろうと思ってました。

林:「AKBの総監督に」というのは、突然言われたんですか。

高橋:突然でした。その前の2009年からチームAのキャプテンをやっていて、12年に総監督に任命されました。

林:本には「総監督とは、ほぐして、つなぐ人」と書いてありますね。「相手の名前を呼んで距離感を縮める」「キレることと叱ることは違う」とか、お若いのにどうしてこんなに人の気持ちがわかるんだろうって、びっくりしちゃいましたよ。特に「母ではなく父の視点に立つ」って、すごくない? 私は女性のリーダーは母性的である必要があると思っていたんですが、父性的でなければならないんですね。

高橋:母親と娘って距離が近くなりすぎると思うんです。情が入ると特定の子に有利なことをしてしまいがちで、「その子ばっかりかわいがらないでください」となってしまうんですね。だから私は父の目線で、サバサバと一歩引いて接していこうと思ったんです。

週刊朝日 2016年4月15日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい