米ノーベル賞学者 TPP、マイナス金利、金融緩和「ダメ出し」連発

安倍政権

2016/04/07 07:00

 7月にダブル選挙を画策するも、アベノミクスが失速し、「消費増税」をまた取り下げるのは格好が悪い安倍政権。ならば外圧でと、ノーベル経済学賞受賞者で米国ニューヨーク市立大学のポール・クルーグマン教授らを招き、延期を提言してもらうはずが、ダメ出し祭り。シグマ・キャピタルのチーフエコノミスト田代秀敏氏の協力のもと、検証した。

あわせて読みたい

  • 専門家も苦笑 サミットの資料に「学生並みミス」

    専門家も苦笑 サミットの資料に「学生並みミス」

    週刊朝日

    6/9

    “嘘つき”安倍首相 次の“新しい判断”は「消費増税再々延期」

    “嘘つき”安倍首相 次の“新しい判断”は「消費増税再々延期」

    週刊朝日

    6/9

  • やはり黒田総裁続投か? 安倍首相が懸念する2つのリスク

    やはり黒田総裁続投か? 安倍首相が懸念する2つのリスク

    dot.

    12/6

    上海株乱高下で世界市場が大揺れ 習近平の陰謀で世界恐慌が起こる

    上海株乱高下で世界市場が大揺れ 習近平の陰謀で世界恐慌が起こる

    週刊朝日

    9/3

  • 英国EU離脱でアベノミクスは崩壊へ!? 超円高時代突入か

    英国EU離脱でアベノミクスは崩壊へ!? 超円高時代突入か

    週刊朝日

    6/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す