新六大学・GMARCH “女子アナ王国”はあの大学 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

新六大学・GMARCH “女子アナ王国”はあの大学

「新六大学」を徹底比較!

「新六大学」を徹底比較!

 かつての「六大学」は消えた。今は学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政を、その頭文字を取って、“GMARCH(ジーマーチ)”と呼びならわすのが受験界の常識だ。本誌では首都圏入試の台風の目、「新六大学」を徹底比較し、特徴や出身者など、それぞれの「本学の一番」を探った。女子に関する四つのランキングをひもといてみると、意外なことがわかった。

 まず、「女子学生の比率」。トップの立教大は半数以上が女子。続く学習院大、青山学院大もほぼ半数を女子が占める。

 明治大、法政大は女子はあまり多くない。それでも90年代まではバンカラのイメージから女子率が2割台だった両大学だが、キャンパス整備や学部創設などさまざまな改革も背景に、華やかなイメージに変わりつつある。

 女子学生の比率と連動しているのが、「女性ファッション誌の読者モデル登場回数」。

 トップは青山学院大、2位が立教大、3位が学習院大で、女子率のトップ3がランクインしている。特に青山学院大は、2位の立教大に大差の圧勝。強さの秘密について、教育ジャーナリストで『大学ランキング』編集統括の小林哲夫さんはこう解説する。

「同大は青山キャンパス内に付属校があり、中高生の頃から大学生のオシャレなファッションを見て、目が肥え洗練されます。青山という立地も大きいですね」

「女性アナウンサーの輩出数」では、青山学院大と法政大が同数のトップ、立教大が1人差の3位と、3大学が抜けている。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい