肝がん腹腔鏡下手術は本当に危険なのか? 肝胆臓外科医に聞く

がん

2016/02/08 07:00

 一昨年から腹腔鏡下(ふくくうきょうか)手術による死亡事故(※1)の報道が相次ぎ、患者に恐怖が広がった。しかし、腹腔鏡下手術が治療の一つの選択肢であることに変わりはない。患者はどう考え、選択すればいいかを探るため、好評発売中の週刊朝日ムック「いい病院2016」から、一部抜粋してお届けする。

あわせて読みたい

  • 肝臓は手術で切除してももとの大きさに戻る? 混同しやすい手術のポイント

    肝臓は手術で切除してももとの大きさに戻る? 混同しやすい手術のポイント

    週刊朝日

    9/28

    腎がん治療「ロボット手術」 2016年保険承認目指す

    腎がん治療「ロボット手術」 2016年保険承認目指す

    週刊朝日

    2/3

  • 【肝がん治療】患者はどう治療法を選べばいい? ラジオ波での治療も選択肢 専門医が解説

    【肝がん治療】患者はどう治療法を選べばいい? ラジオ波での治療も選択肢 専門医が解説

    dot.

    3/16

    大腸がんの治療方針は、浸潤、深さ、遠隔転移の有無がポイント

    大腸がんの治療方針は、浸潤、深さ、遠隔転移の有無がポイント

    週刊朝日

    9/2

  • 腎がんにはロボット手術が有効 「今後増える」と専門医

    腎がんにはロボット手術が有効 「今後増える」と専門医

    週刊朝日

    2/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す