流行語大賞でクレーム殺到 “アベ政治”タブー化で沈黙 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

流行語大賞でクレーム殺到 “アベ政治”タブー化で沈黙

このエントリーをはてなブックマークに追加
「トリプルスリー」に輝いたソフトバンクの柳田選手(右)、ヤクルトの山田選手 (c)朝日新聞社

「トリプルスリー」に輝いたソフトバンクの柳田選手(右)、ヤクルトの山田選手 (c)朝日新聞社

 今年話題になった言葉を選ぶ「2015ユーキャン新語・流行語大賞」。12月1日に発表されたが、「世相をあらわしていない」と疑問の声が上がっている。

 年間大賞の発表に先立ち、選考委員らは「今年は政治の季節だった」「政治色が強かった」「主役は永田町にいた」と「政治」を強調したにもかかわらず、大賞に選ばれたのは「爆買い」「トリプルスリー」。「爆買い」は中国人ら訪日観光客が大量に日本製品を買うこと、「トリプルスリー」はプロ野球で打率3割、30本塁打、30盗塁以上の好成績を残したソフトバンクの柳田悠岐選手、ヤクルトの山田哲人選手の活躍を指すが、一体どれだけの人が聞いたり使ったりしただろうか?

「トリプルスリーは野球好きでないと知らないですよ。それって流行語なの?と思いました。我々の感覚とずれがあるのではないか」

 上智大学新聞学科の碓井広義教授は不満をあらわにする。

 トップ10には、「アベ政治を許さない」「一億総活躍社会」「SEALDs」と、政治に関わる言葉が三つ入った。ノミネート段階では50語のうち13語が政治に関わる言葉だが、それに対する「クレーム」があったという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい