トイレの回数も感知 老親の「見守りサービス」が続々登場

介護を考える

2015/10/19 07:00

 内閣府の調査によると、2015年には65歳以上の男性の12.9%が、女性にいたっては21.3%がひとり暮らしと推計されるという。この割合は年々増加すると見込まれている。離れて暮らす“おひとりさま”の老親。心配しながらも、なかなか連絡できないという人も多いのではないだろうか。

あわせて読みたい

  • 増加する「見守りサービス」 使ってみたら親子の交流が増えた!

    増加する「見守りサービス」 使ってみたら親子の交流が増えた!

    週刊朝日

    10/19

    離れて暮らす高齢の親を見守るサービスあれこれ

    離れて暮らす高齢の親を見守るサービスあれこれ

    AERA

    1/23

  • 増える「一人暮らし親」…手軽にできる見守り術

    増える「一人暮らし親」…手軽にできる見守り術

    週刊朝日

    1/21

    「見守り」求める若者の実態 20代女性「安否確認が“心の安定剤”」

    「見守り」求める若者の実態 20代女性「安否確認が“心の安定剤”」

    週刊朝日

    7/13

  • 孤独死は怖くない! 「孤立ゼロ」掲げた条例も登場…対策の最前線

    孤独死は怖くない! 「孤立ゼロ」掲げた条例も登場…対策の最前線

    週刊朝日

    7/29

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す