チャンピオンは美女だらけ! 世界で活躍する4人のボクサー 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

チャンピオンは美女だらけ! 世界で活躍する4人のボクサー

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
第2代OPBF東洋太平洋女子スーパーバンタム級チャンピオン高野人母美(たかの・ともみ、28) (撮影/写真部・東川哲也)

第2代OPBF東洋太平洋女子スーパーバンタム級チャンピオン
高野人母美(たかの・ともみ、28) (撮影/写真部・東川哲也)

第5代WBO女子世界ミニフライ級チャンピオン池原シーサー久美子(30) (撮影/写真部・東川哲也)

第5代WBO女子世界ミニフライ級チャンピオン
池原シーサー久美子(30) (撮影/写真部・東川哲也)

第2代OPBF東洋太平洋女子アトム級チャンピオン神田桃子(28) (撮影/写真部・東川哲也)

第2代OPBF東洋太平洋女子アトム級チャンピオン
神田桃子(28) (撮影/写真部・東川哲也)

第5代OPBF東洋太平洋女子スーパーフライ級チャンピオン小澤瑶生(おざわ・たまお、30) (撮影/写真部・東川哲也)

第5代OPBF東洋太平洋女子スーパーフライ級チャンピオン
小澤瑶生(おざわ・たまお、30) (撮影/写真部・東川哲也)

 男のスポーツだというイメージのあるボクシング。しかし今、日本女子ボクシング界にはチャンピオンが溢れている。世界で活躍する4人を紹介する。

 まずは第2代OPBF東洋太平洋女子スーパーバンタム級チャンピオン・高野人母美(たかの・ともみ、28)。

「命がけでボクシングをしています。だから、世界の頂点を目指します」。11月11日の世界戦に向け、心身を研ぎすます。しなやかな肢体を生かし、モデル業もこなす。現在、東洋太平洋のタイトル保持者。「でも、今のポジションに満足はしていません」。

 そして、第5代WBO女子世界ミニフライ級チャンピオンに輝いたのは、池原シーサー久美子(30)だ。

 女子ボクサー界ナンバー1とも評されるハードパンチャー。叔父であり、元プロボクサー池原正秀の影響でボクシングをはじめた。「子どもたちにボクシングを教え、どんどん強くなっていくのがうれしいですね」。“ポスト池原”育成にも力をいれる。

 3人目は、第2代OPBF東洋太平洋女子アトム級チャンピオン・神田桃子(28)。

 ジム会長の強いすすめで17歳からプロを目指す。2年間のメキシコ修業後、プロデビュー。「リング上をダンサーのように軽やかに舞うボクサーが、理想とするスタイルです」。11月11日、世界チャンピオン池原シーサー久美子に挑む。

 最後は、小澤瑶生(おざわ・たまお、30)。第5代OPBF東洋太平洋女子スーパーフライ級チャンピオンだ。

 2歳下の弟と京都で同居をしているとき、エクササイズ目的の軽い気持ちで入門。気がつけばプロデビュー、そして2015年4月3日にチャンピオンに。しかし、弟は姉のチャンピオン姿を見ずに3年前に他界した。「弟のためにもボクサーの道を究めます」。

週刊朝日 2015年10月2日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい