メンタルの弱さ? スピース予選落ちに丸山茂樹が言及 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

メンタルの弱さ? スピース予選落ちに丸山茂樹が言及

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴルフって、ほんとに何があるか分からないです(※イメージ)

ゴルフって、ほんとに何があるか分からないです(※イメージ)

 今年、タイガー・ウッズ(39)=米=に並ぶ大会最少スコアで「マスターズ・トーナメント」を優勝したジョーダン・スピース(22)=米=。普段は22歳の若さで堂々としたプレーを見せるが、実はメンタル面に弱さがあるのかもしれないと、丸山茂樹氏は指摘する。

*  *  *
 いやあ、うれしいですね。10月3日の「第9回丸山茂樹ジュニアファンデーションゴルフ大会」に、これまでで最多の328人が応募してくれました!

 少しずつ、みなさんに評価されてきてるのかな。一つでも多く、日本のジュニア年代が出場できる試合をつくりたいとの思いで始めた「マルジュニア」ですけど、こうやって応募者数が増えてるってことは、僕の目指してるところに、みんなが呼応してきてくれてるんでしょうね。

 ここで一気に「日本一の大会にします」なんてことは言いません。ちょっとずつ力をつけて、ジュニアゴルファーのためになるようなことができたら、と思っています。

 さて、米PGAツアーです。プレーオフシリーズ第2戦・ドイツバンク選手権(9月4~7日、米マサチューセッツ州TPCボストン)は、26歳のリッキー・ファウラー(米)が通算15アンダーで今シーズン2勝目を飾りました。

 この試合、何より驚かされたのが、ジョーダン・スピースの2週連続予選落ちです。今シーズンのメジャーで2勝をあげたスピースが2試合連続で予選落ちしたのは、アマチュア時代も含めて、米ツアーで初めてだそうです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい