本誌記者が認知症診断アプリに挑戦 その“実力”とは?

アプリ

2015/09/13 07:00

 認知症の疑いの有無が無料で調べられる「客観式認知症疑いチェックアプリ」(配信名称は「認知症に備えるアプリ」)がNPO法人オレンジアクト(高瀬義昌理事長)によって開発された。七つの質問に答えるだけで90%以上の確率で正確に判定できるという。本人ではなく第三者が回答するところが、このアプリのミソだ。自身のことを実際にチェックした認知症早期治療実体験ルポ「ボケてたまるか!」の筆者・山本朋史記者は、アプリについてこうレポートする。

あわせて読みたい

  • 無料で早期発見! 判定率93%の「認知症診断アプリ」

    無料で早期発見! 判定率93%の「認知症診断アプリ」

    週刊朝日

    9/13

    40代から認知症に気を付けよう! スマホアプリで予防と診断

    40代から認知症に気を付けよう! スマホアプリで予防と診断

    週刊朝日

    1/24

  • 軽度認知障害の63歳記者が運転免許を返上した理由

    軽度認知障害の63歳記者が運転免許を返上した理由

    週刊朝日

    7/28

    2025年には700万人!? 高齢者の5人に1人が認知症に

    2025年には700万人!? 高齢者の5人に1人が認知症に

    dot.

    12/13

  • “健康長寿”アンケートでわかった「認知症を防ぐ」15の習慣

    “健康長寿”アンケートでわかった「認知症を防ぐ」15の習慣

    週刊朝日

    11/6

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す