直木賞作家・東山彰良「又吉さんと同じように」やったから今心配なこと (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

直木賞作家・東山彰良「又吉さんと同じように」やったから今心配なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
東山彰良さん(右)と林真理子さん(撮影/写真部・東川哲也)

東山彰良さん(右)と林真理子さん(撮影/写真部・東川哲也)

東山彰良著

978-4062194853

amazonamazon.co.jp

 自身の父をモデルにした小説『流』で第153回直木賞を受賞した東山彰良さん。受賞以来、取材などで忙しい毎日を送っているが、現状を「不整脈のようなもの」だと作家・林真理子さんに吐露した。

*  *  *
林:今回は又吉直樹さんがいるから報道陣が異様に多かったですしね。又吉さんとはもうお話ししました?

東山:受賞後に福岡のローカル番組で共演して、ロケ車での移動中にしゃべったりしました。僕は音楽が好きなので、京都のロックバンドの話をしたら彼も知っていたり。とても落ち着いて、いい方だと思いました。僕と又吉さんが街でばったり会って、僕が街を案内するという内容だったんです。「ワープしましょう」と言って、せーのでジャンプすると店の前みたいな(笑)。

林:あちらは芸人さんだからいいけど、東山さんは照れちゃいますよね。ケータイ番号とか交換したんですか。

東山:僕、ケータイ持ってないので。

林:えっ、今どきケータイ持ってなくて、お仕事は大丈夫なんですか。

東山:仕事はぜんぜん。(同席の担当編集者を見て)彼がそつなくさばいてくれるので。

林:ふーん。でも、又吉さんと一緒に受賞した羽田圭介さん、かわいそうじゃない? 「又吉さんと一緒」ってずっと言われるし。東山さんは直木賞だからいいけど。

東山:羽田さん、いじられやすいキャラクターみたいで、いいポジションにいると思いますよ。この間もマツコ・デラックスさんの番組に出ていたみたいです。

林:東山さんにも、バラエティー番組のオファーとか来ます?

東山:あまりないですし、あってもたぶん断ります。

林:うまく対応できない?


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい