渡部、星、瀬戸の金に続け 2016年リオ五輪にさらなる期待! 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

渡部、星、瀬戸の金に続け 2016年リオ五輪にさらなる期待!

このエントリーをはてなブックマークに追加
渡部香生子[競泳]女子200メートル平泳ぎ 優勝女子200メートル個人メドレー 2位競泳日本女子のエース。優勝後のテレビインタビューでは「寝てる時もレースのことしか考えられなくて、本当に緊張してた」と号泣しながら喜びを語った。JSS立石、18歳 (c)朝日新聞社 

渡部香生子[競泳]
女子200メートル平泳ぎ 優勝
女子200メートル個人メドレー 2位
競泳日本女子のエース。優勝後のテレビインタビューでは「寝てる時もレースのことしか考えられなくて、本当に緊張してた」と号泣しながら喜びを語った。JSS立石、18歳 (c)朝日新聞社 

シンクロナイズドスイミングデュエットテクニカル 3位チームテクニカル 3位チームフリー 3位フリーコンビネーション 3位デュエットのテクニカルルーティン決勝では、乾友紀子(左・井村シンクロク)、三井梨紗子(東京シンクロク)ペアが3位。同種目で8年ぶりとなるメダルを獲得した。井村雅代ヘッドコーチ率いるチームは、フリールーティン決勝でウクライナとの熾烈な3位争いを演じ、銅メダルに輝いた (c)朝日新聞社 

シンクロナイズドスイミング
デュエットテクニカル 3位
チームテクニカル 3位
チームフリー 3位
フリーコンビネーション 3位
デュエットのテクニカルルーティン決勝では、乾友紀子(左・井村シンクロク)、三井梨紗子(東京シンクロク)ペアが3位。同種目で8年ぶりとなるメダルを獲得した。井村雅代ヘッドコーチ率いるチームは、フリールーティン決勝でウクライナとの熾烈な3位争いを演じ、銅メダルに輝いた (c)朝日新聞社 

 ロシア・カザニで9日に閉幕した世界水泳選手権。リオ五輪を翌年に控えた重要な大会で、日本は8個のメダルを獲得した。

「優勝で五輪出場内定」の競泳は、過去最多となる3個の金メダルを獲得。渡部香生子(かなこ)、星奈津美、瀬戸大也(だいや)の各選手が、リオへの切符を手にした。

 シンクロナイズドスイミングの活躍も目立った。かつてシンクロ日本を率いた井村雅代ヘッドコーチが11年ぶりに復帰。表彰台から遠ざかっていた日本に四つの銅メダルをもたらし、五輪への足がかりをつかんだ。

 日本選手の層はまだまだ厚い。今大会でのメダルが本命視されながらも右腕の骨折で欠場した萩野公介選手(競泳)や、男子の主将を務めた入江陵介選手(同)。また、中学生としては14年ぶりに世界選手権に出場した池江璃花子(りかこ)選手(同)ら、若手の成長も楽しみだ。

 1年後、水泳界の星たちのさらなる活躍に期待がかかる。

週刊朝日 2015年8月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい