元ボクサー平成の阿部定事件 「局部切断」のイタすぎる現実 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元ボクサー平成の阿部定事件 「局部切断」のイタすぎる現実

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
局部はトイレに…(※イメージ)

局部はトイレに…(※イメージ)

 男性の局部がハサミで切断されるという、誰もが顔をしかめる事件が起きた。

 傷害容疑で逮捕されたのは、慶応義塾大法科大学院生の小番(こつがい)一騎容疑者(24)。8月13日午前7時40分ごろ、東京都港区のビル4階にある法律事務所で、男性弁護士(42)の顔を数回殴り、意識もうろうとなって倒れたところをズボンを脱がして、持っていた枝切りバサミ(全長約20センチ、刃渡り6センチ)で局部を切断した疑い。局部はトイレに流したという。

 平成の、男版阿部定事件だ。

 お盆休み期間の早朝で、閑散とした事務所内での異様な光景だが、現場には小番容疑者の20代の妻もいた。この事務所で働いていて、男性の担当職員だった。昨春、男性がこの事務所に移籍してきたときに、一緒に移ってきたという。男性を知る法曹関係者は、

「企業法務が専門で、非常に能力が高い先生だ。担当職員が弁護士と一緒に移籍するのは珍しいことではない。小番容疑者の妻は、仕事は真面目だが、地味なタイプで、あまり印象がない。男関係が派手な印象もなく、結婚していたことも知らなかった」

 と話すが、3人の間には、交際をめぐるトラブルがあったとみられ、事件当日について小番容疑者は「話し合いをしていた」と供述しているという。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい