藤巻健史が指摘する「中国株安から学ぶ2つの教訓」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

藤巻健史が指摘する「中国株安から学ぶ2つの教訓」

連載「虎穴に入らずんばフジマキに聞け」

このエントリーをはてなブックマークに追加
中国株安から学ぶ点は…

中国株安から学ぶ点は…

 突然急落し、危険視されている中国株。しかし、そこから学ぶ点があると、“伝説のディーラー”と呼ばれた男、藤巻健史氏は指摘する。

*  *  *
 先週は、最近起きている中国株安が日本の市場をも揺さぶった。日本株が下落するのは致し方ない。日本にとって中国は輸出額においては米国に続き2位、輸入額においては1位の重要な貿易相手国だからだ。中国経済が逆資産効果(資産価格の下落が個人消費を減速させる)で落ち込めば、中国を貿易相手としている日本の会社の業績は落ちる。

 しかし、「リスク資産を避けた資金が、安全資産に向かう」という理由づけで円や日本国債が買われるのならば、その動きは長期的には続かない。

 そもそも、実質的に財政ファイナンス(国の財政赤字を中央銀行の貨幣増刷で賄っている)を行い、財政破綻を回避している日本の通貨や国債は安全資産どころか世界有数の危険資産だ。

 そしてもう一つ重要なポイントは中国は元安を死守するために資本規制をしている点だ。外国人から中国の金融資産への投資はほとんど行われていないし、中国人も海外金融資産への投資は簡単にはできないはずだ。だから危機の世界的連鎖は起きない。もし米国がリーマンショックのような危機に襲われれば、米国人も、そして日本人を含む外国人も一斉に米国内の金融資産を売却して他国へ移すだろう。そうなれば米国債は売られ、ドルも売られる。しかし中国に危機が起きても、資本規制の結果、そのような動きは起きえないのだ。それにしても、この中国株安から教訓を得ることは重要だ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい