ギリシャより日本のほうがひどい…PB赤字をエコノミスト指摘 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ギリシャより日本のほうがひどい…PB赤字をエコノミスト指摘

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本のほうがひどい状態?(イメージ)

日本のほうがひどい状態?(イメージ)

 急激な高齢化に伴い、社会保障費の膨張が問題になっている。

 財務省によると、12年度の社会保障全体の給付費は109.5兆円。その内訳は年金53.8兆円、医療35.1兆円、介護8.4兆円、生活保護などその他12.2兆円となっている。

 65歳以上の要介護認定者数は12年度末で545.7万人。01年度末から258万人増加している。

 団塊世代全員が75歳以上の後期高齢者になる25年以降には2200万人、5人に1人が75歳以上という超高齢社会が到来すると推定される。医療、介護などの福祉サービスへの需要が高まり、社会保障費は25年度に148.9兆円にまで膨れ上がり(財務省)、社会保障財政のバランスが崩れると指摘する。それが「2025年問題」だ。

「それまでに国は、基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を20年度に黒字化させるという目標を達成させたい。その赤字削減のやり玉にあがったのが社会保障費なのです」(淑徳大学総合福祉学部の結城康博教授)


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい