日本生命女性役員「上司をマニュアルと考えたら楽」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

日本生命女性役員「上司をマニュアルと考えたら楽」

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本生命保険相互会社 お客様サービス副本部長兼サービス業務教育部長尾田久美子(61)おだ・くみこ/1954年生まれ。73年、高校卒業後、日本生命入社。釧路支社を皮切りに、契約保全G担当課長、山形支社次長などを経て現職(撮影/写真部・大嶋千尋)

日本生命保険相互会社 お客様サービス副本部長兼サービス業務教育部長
尾田久美子(61)

おだ・くみこ/1954年生まれ。73年、高校卒業後、日本生命入社。釧路支社を皮切りに、契約保全G担当課長、山形支社次長などを経て現職(撮影/写真部・大嶋千尋)

週刊朝日・長友佐波子編集長(撮影/写真部・大嶋千尋)

週刊朝日・長友佐波子編集長(撮影/写真部・大嶋千尋)

尾田さん(右)と長友編集長(撮影/写真部・大嶋千尋)

尾田さん(右)と長友編集長(撮影/写真部・大嶋千尋)

『週刊朝日』の長友佐波子編集長が今を輝く女性にインタビューする「フロントランナー女子会」。今回は日本生命保険相互会社でこの春執行役員となったお客様サービス副本部長兼サービス業務教育部長の尾田久美子さんです。

*  *  *
長友:尾田さんは、入社時から事務一筋ですか?

尾田:20年近く事務だったんですけど、38歳のとき釧路支社の販売促進の担当に移ったんです。業績管理やイベントの企画運営、営業職員の教育、いろんなことをする部署で、本来は総合職が就くポスト。事務の経験しかない私がする仕事じゃないんですけど。主任に昇格して部下もできるし、ビックリでした。

長友:なぜそういうことに?

尾田:直接の上司が「とにかくやってみろ」と引き上げてくれたんです。その上司と支社長から支社長室に呼ばれて、「これはどういうことかわかるか? 総合職並みに働けってことだぞ」と言われましてね。

長友:支社の中では他の人より積極的に仕事をしているという自負はあった?

尾田:いや、みんなと変わらなかったと思いますけど。上司がチャレンジャーだったんでしょうね(笑)。でも最初は戸惑いました。事務って必ずマニュアルがあるんですよ。わからなくなったら調べればいいけど、販売促進は正解が一つではない。

長友:どうやって解決を?

尾田:支社長の考え方がマニュアルだと思ったら、気が楽になりました。支社長の動きや考えを見ながら、じゃあこんな教材や資料を作りますとやっていって。結果的にトップの考え方を学ぶことができて、仕事をするうえで大きな財産になりました。

週刊朝日 2015年6月26日号より抜粋


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい