ドン小西「バブルだもんな」維新・松野新代表をファッション批評 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドン小西「バブルだもんな」維新・松野新代表をファッション批評

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
松野頼久(維新の党代表)1960年、曾祖父の代から政界で活躍する政治家一家に生まれる。父は衆議院議員だった松野頼三氏。慶応大学法学部卒。父の縁で日本新党本部に勤務。細川護熙氏の秘書などを務め、2000年に民主党から出馬し、衆議院議員に初当選。12年、「日本維新の会」結成に参加=5月19日、維新の党の新代表に選出され会見 (c)朝日新聞社 

松野頼久
(維新の党代表)
1960年、曾祖父の代から政界で活躍する政治家一家に生まれる。父は衆議院議員だった松野頼三氏。慶応大学法学部卒。父の縁で日本新党本部に勤務。細川護熙氏の秘書などを務め、2000年に民主党から出馬し、衆議院議員に初当選。12年、「日本維新の会」結成に参加=5月19日、維新の党の新代表に選出され会見 (c)朝日新聞社 

 5月19日、維新の党の新代表に選出された松野頼久氏が会見を行なった。ファッションデザイナーのドン小西氏がそのときの松野氏をファッションチェックした。

*  *  *
 日本新党、新進党から民主党を経て、維新の党の新代表って、この人の経歴にはやけに新の文字が多いよね。でもそのわりに、愛車はベントレーだったの、スーツはヴェルサーチだったの、妻はゴージャス系美人だの、ふた昔も前に六本木あたりで遊んでたチャラいおやじみたいな噂しか聞こえてこない。古いっつうの。

 だいたい見かけからして、バブルだもんな。この日も、肩幅の広い派手なイタリアタイプのスーツは、さらに派手なチョークストライプ。何気なく着てるワイシャツだって、見たところ上質なエジプト綿を使った高級品だよ。で、そのシャツの襟元を大きく開けるのもお約束。あたしの友達にも、昔はよくいたよ。金持ちのぼんぼんがそのまんま中年になっちゃったような、この手がさ。みんないいやつだったけど、今は消息不明も多いんだよね。

 ま、このバブルなイデタチで、一癖も二癖もある野党をまとめますと言われても、ピンとこないよね。修羅場を知らないぼんぼんキャラは、見かけだけの話でお願いできましたら。

週刊朝日 2015年6月12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい