加齢現象の一つ「腰部脊柱管狭窄症」はこんな病気

病気

2015/06/02 07:00

 上半身を反らせたときの腰痛や、腰から足にかけての痛みやしびれ、足の脱力感。50歳以上の人が感じるそれらの症状は、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)であることが多い。加齢現象の一つで、60~70代に多発している。

あわせて読みたい

  • 腰痛・足のしびれや痛み、専門医がすすめる治療法は? 消炎鎮痛薬は副作用に注意

    腰痛・足のしびれや痛み、専門医がすすめる治療法は? 消炎鎮痛薬は副作用に注意

    dot.

    1/16

    【首・腰の手術】まずは3か月以上の薬物、運動療法から 脊柱管狭窄症を解説

    【首・腰の手術】まずは3か月以上の薬物、運動療法から 脊柱管狭窄症を解説

    dot.

    3/28

  • しびれや痛みで歩くのが困難… 椎間板ヘルニアより患者数が多い「脊柱管狭窄症」の怖さ

    しびれや痛みで歩くのが困難… 椎間板ヘルニアより患者数が多い「脊柱管狭窄症」の怖さ

    週刊朝日

    1/25

    症状がないから気づかない!? 65歳以上の8割以上が患う病気「脊柱管狭窄症」とは

    症状がないから気づかない!? 65歳以上の8割以上が患う病気「脊柱管狭窄症」とは

    週刊朝日

    2/5

  • 腰痛を招く「狭窄症」と「ヘルニア」 2大疾患の基本と治療法

    腰痛を招く「狭窄症」と「ヘルニア」 2大疾患の基本と治療法

    週刊朝日

    10/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す