室井佑月 政治家“路チュー騒動”に「刺激が欲しい?」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

室井佑月 政治家“路チュー騒動”に「刺激が欲しい?」

連載「しがみつく女」

このエントリーをはてなブックマークに追加
(※イメージ写真) 

(※イメージ写真) 

 作家の室井佑月氏は、自民党の門博文衆院議員との路上キスが週刊誌で報じられた中川 郁子農林水産政務官について彼女の気持ちがわかるという。

*  *  *
 戦後70年の節目の年の8月15日に発表される「安倍談話」。国内からも海外からも、その内容がどんなものであるかと関心が寄せられている。

 安倍首相はやる気まんまん。談話の内容について検討する有識者会議「21世紀構想懇談会」のメンバーを、16人も集めたそうだ。

 でも、知ってた? べつに戦後の10年ごとの節目に、談話を無理に出さなくていいんだってね。じゃ、出さなくてもいいじゃん、と思うのはあたしだけかな。

 安倍さんも大変じゃないか。国内のお仲間を喜ばせれば、それは海外から叩かれるような内容になるだろう。逆に、海外の人が納得するようなものだったら、彼のお仲間は腹立たしく思うだろう。

 じゃ、やんなきゃいい。が、やっぱりこういうところで目立ち、存在感を示したいのか。刺激が欲しいのか。せっかく総理になったんだし、といったとこか。

 けど、中東で存在感を示してきて、その後、エライ目に遭ったじゃん。エライ目に遭ったのは安倍さんじゃないけどさ。うちら日本人がテロの標的に指名されてしまった。

 そうなんだよ、安倍さんが安倍談話で海外勢の反発を食らうようなことをいえば、エライ目に遭うのはまわりまわって、結局、あたしらなんだわさ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい