【美意識ある生活】聴きたい場所に、お気に入りの曲を持ち運ぶ 「ボーズのスピーカー」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【美意識ある生活】聴きたい場所に、お気に入りの曲を持ち運ぶ 「ボーズのスピーカー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
大きめの豆腐一丁サイズの高音質ワイヤレス・スピーカーBose独自の音響テクノロジーで、臨場感あふれるサウンドが楽しめる。特に低音の豊かさは出色で、聴く曲のジャンルを問わない。ワイヤレスなので、手元のスマートフォンやタブレットなどで自由に楽曲や音量をセレクト可能(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

大きめの豆腐一丁サイズの高音質ワイヤレス・スピーカー
Bose独自の音響テクノロジーで、臨場感あふれるサウンドが楽しめる。特に低音の豊かさは出色で、聴く曲のジャンルを問わない。ワイヤレスなので、手元のスマートフォンやタブレットなどで自由に楽曲や音量をセレクト可能(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

軽量で、旅先にも持参が楽々(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

軽量で、旅先にも持参が楽々(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

好みの色を選べる5色展開(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

好みの色を選べる5色展開(撮影/外山亮一・スタジオ・テンフォー)

 週刊朝日で好評連載中の「美意識ある生活」。生活品評論家の東海左由留(とうかい・さゆる)さんが厳選したひと品を紹介している。東海さんは日本とヨーロッパで「生活をより豊かに」をテーマに様々なアイテムやサービス、ライフスタイルを取材。自腹で購入し、時間をかけて使用感を検証している。

 今回は、ボーズのスピーカーを紹介する。

【美意識ある生活 他の逸品はこちら】

*  *  *
■聴きたい場所に、お気に入りの曲を持ち運ぶ

 お気に入りの音楽はどこででも聴きたい。イヤホンやヘッドホンを使えば場所を選ばないが、そばにいる人と一緒に曲を楽しみたいときもある。また、心地良い音楽が流れる空間はくつろげる。だが、多くのオーディオは電源や配線の関係で、聴く場所が固定されるのが難。

 こうした場所の制限を解消するのが、Boseのサウンドリンク カラーブルートゥース スピーカー。スマートフォンやタブレットなどブルートゥース機器とワイヤレスで接続でき、約530グラムと片手で楽々持ち運べる軽さ。フル充電だと約8時間の連続再生が可能で、キッチンで料理をしながら、自室で趣味に没頭するとき、あるいは屋外や旅先の宿で、好みの音楽をいつでも楽しめるのだ。

 これだけコンパクトなスピーカーなのに、さすがはBose。クラシック音楽好きの私も十分満足の高音質。音楽を持ち運べるスピーカーのメリットは想像以上に大きいのだった。


<今日の逸品>
ボーズ サウンドリンク カラーブルートゥース スピーカー 1万4000円(税別)
(色はブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ミントの5色)
問い合わせ先:ボーズ・オンラインストア

※ボーズのスピーカーを購入する

週刊朝日 2015年2月27日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい