藤巻健史「国債入札価格暴落は財政破綻の引き金」

虎穴に入らずんばフジマキに聞け

2015/02/11 16:00

 2月3日、10年利付国債(第337回)の入札結果が発表された。“伝説のディーラー”と呼ばれモルガン銀行東京支店長などを務めた藤巻健史氏は、その結果に財政破綻を危惧する。

あわせて読みたい

  • 日銀目標の「CPI2%」 視界に入れば日本経済は大混乱?
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    日銀目標の「CPI2%」 視界に入れば日本経済は大混乱?

    週刊朝日

    9/25

    藤巻健史氏 政府・日銀が進める「インチキっぽいこと」
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    藤巻健史氏 政府・日銀が進める「インチキっぽいこと」

    週刊朝日

    2/19

  • 景気回復すれば政府VS日銀? フジマキが描く“日本経済シナリオ”
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    景気回復すれば政府VS日銀? フジマキが描く“日本経済シナリオ”

    週刊朝日

    8/1

    国債崩壊で、預金の引き出しや保険金の支払いがほごになる可能性も
    筆者の顔写真

    藤巻健史

    国債崩壊で、預金の引き出しや保険金の支払いがほごになる可能性も

    2/17

  • 国の借金を「国民の預金で相殺」!? “事実上の預金封鎖”に備えよ!

    国の借金を「国民の預金で相殺」!? “事実上の預金封鎖”に備えよ!

    週刊朝日

    7/10

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す